1. Home
  2. シェヴについて(about ChezVous)
  3. 日本人ハウスキーパー(水谷さん)

ベテランハウスキーパー:水谷さん


シェヴのホームページの「顔」として、写真登場をされている水谷 美智子さん。
息子さんの育児をしながらシェヴでお仕事を始めて、5年のベテランスタッフです。シェヴでの仕事の様子や仕事に対する姿勢などを伺いました。


きっかけは「キレイにすること」が好きだから

―シェヴでお仕事をしようと思ったきっかけはなんですか?

水谷:きっかけは折込の新聞広告でした。気になったシェヴの広告を切っておいたのですが、「そういえばまだ募集しているかしら?」と思い会社に電話をしたのはそれから半年後でした。タイミングよく研修に参加できて、そこから私のシェヴでのお仕事が始まりました。

もともと、お掃除が好きだったのですが、自分の家はさておき、人のおうちの収納や片づけをするのがとにかく好きなんです。シェヴで働く前は、趣味で友人に頼まれて、家のレイアウトを考えたり、片づけ術を教えたりしていました。当時、フェイシャルの仕事もしていて、人や住まいを「美しくする」ことが好きでした。

 

不在宅、共働き、著名人・・・シェヴのお客様は多種多様


―シェヴではどのようなお宅を担当されているのですか?

水谷:最初に担当したお宅は引っ越し後の整理のお仕事でした。他のスタッフと二人で担当したので、不安なく仕事を進めることが出来ました。今まで担当したお宅は、不在宅もありましたし、お客様が在宅されている中でのお仕事もありました。著名な方のお掃除も長年担当したことがあります。色々なお客様を担当しましたが、定期的に長期で担当するお客様が多いですね。最長で4年間、同じご家庭に伺っていたことがあります。


ライフスタイルを重視した「思いやり」を心がける

―ご自宅でされるお掃除とお客様宅でサービスとして提供するお掃除では、どんな点が違うのでしょうか?

水谷:お客様宅でお掃除をする際は、特に物の扱いを丁寧に行います。自宅では掃除機を床に置いてかけますが、お客様宅では片手に持ち、壁などを傷つけることがないよう細心の注意を払って行います。お客様の中には在宅されてお仕事をされている方もいらっしゃいますので、なるべく邪魔にならないよう、音はなるべく出さないように気を付けています。また、お客様の毎日の「使い勝手」を変えないよう、整理整頓もどこまで行ったらよいのかも考えながら行うことも大事ですね。私は整理が大好きなので、キッチンのスパイスなどを見ると整えたい衝動に駆られるのですが、そこは気持ちをグッと押さえて、お客様の使い勝手を優先します。

アレルギーのお子さまがいらっしゃる場合でしたら、洗浄力の強い洗剤を使ってピカピカにすることよりも、重曹を使ってお掃除することを好まれるお客様もいます。「何が優先でどこまでを求められているか」を常に意識しながら作業を行っています。

 

―お客様ひとりひとりのライフスタイルを理解することはとても重要なのですね。どのようにして見極めるのでしょうか?

水谷:お客様からの要望をしっかり理解することも重要ですが、自分で見て感じ取ることも重要です。例えばお客様とお話をする機会があれば、どのような性格の方かを理解することができますし、お掃除道具の種類を見ても、洗剤を種類別に細かく分けて使う方など、わかることもありますよ。


―お客様にサービスを提供する際に心がけていることは何ですか?

水谷:やはり、自分ならどうされたら嬉しいかな?と考えますね。以前、共働きのお忙しいご夫婦を担当した際、ベランダで枯れかけていた植木があったのですが、剪定して水をやったら花が咲いたことがありました。それをお部屋に飾ったら、お客様がびっくりされて。(笑) 勝手に水やりをしたので、クレームになるかなと思ったのですが、その時は喜んでいただけて良かったです。


お客様の「ありがとう」で頑張れる!

―お掃除のお仕事というと、「大変そう」という声をよく聞きます。水谷さんは掃除が好きなので、大変でもなさそうですよね。

水谷:うーん、大変ですよ。(笑)友人にハウスキーパーの仕事をしていると話すと、「えー!」って驚かれます。自分の家を掃除するだけでも大変なのに、他人のお家までなんて無理、無理って。(笑)でも、私がキレイにすることが好きってことがわかると、皆、納得してくれます。担当しているご家庭でも、奥様がお仕事をしながら子育ても頑張っていて、ご家族をとても大切にされている方がいます。そういう方を担当すると心から「このご家庭をサポートしてあげたい」って気持ちが湧くんです。

 

―お客様をサポートするそのモチベーションは、どうやって保っているのですか?

水谷:私の場合は、「身に着けるもの」がモチベーションですね。家では「エプロン」が私のモチベーションで、赤のチェックなど、気分が上がるエプロンを3種類ぐらい持っています。これを付けると「よし!おいしいもの作ろう」って気分が上がります。
仕事では「服装」です。身なりはいつも気にしています。きちんとした服装をすると気分も心もシャキッとして、「がんばろう!」という気分になります。お掃除のお仕事は、お客さまの喜びに繋がるお仕事です。お客様からの「うわーキレイになった!」「ありがとう!」の喜びの声はいつも私のモチベーションになりますし、私はこのお仕事を通じて、お客様の「喜びのお手伝い」をしていると思っています。


ハウスキーパーエントリー       ハウスキーパーエントリー
 
 
家事代行・ベビーシッターサービス フッター