1. Home
  2. ハウスクリーニングTOPページ
  3. お片づけサービス

お片づけサービス

 

古い家具の置き場がなくなった、押入れやクローゼットに衣服が入りきれなくなった、使わないものを処分して収納スペースを作りたい、物を捨てられないので困っている、こんなお悩みはございませんか?

お部屋丸ごとのお片づけは心身共に大変な負担となります。お片づけのプロがお客様の力強い味方となってお世話をさせていただきます。

是非、ご安心してご用命ください。

ハウスクリーニング(お片づけ)サービス
 

 
お片付けサービス内容

1.仕分け
衣服、食料、家具、靴、化粧品、その他日用品をお客様とご一緒に「処分」と「保存」に仕分けをします。
(通常、ハウスキーパーが1人か2人でお手伝いします)


2.家具や物品の移動
家具の移動や備え付け、取り外し、不用品の運搬・廃棄等を行います。
(ハンディマン・スタッフが承ります)


3.収納スペースの確保及び収納
保存する物品がすべて収納できるスペースを作り、必要な場合は新たに棚等を購入して設置し、物がすべて納まった状態にします。


4.処分
不用品の処分は、量に応じて、家庭ごみ、粗大ゴミで廃棄するか、廃棄物業者に委託します。
(例:2トン車トラックの分量で5万円程度の廃棄費用がかかります)


5.全体清掃
ハウスキーパーがキッチンの戸棚の清掃や、食器の洗浄を承ります。また、ハウスクリーニング・スタッフは水周り等の専門的な清掃も承っております。

 
お片付けサービスご利用例

一軒家の不用品撤去、収納組立、整理整頓、家事代行サービス


長年捨てる事が出来なかった衣類や食料が家の中の殆どのスペースを占領していました。女性スタッフがお客様目線で仕分けをし、捨てることでスペースを確保。男性スタッフが収納棚などを購入及び組み立てをし、整理整頓しました。その後不用品が溜まらないように、「家事代行サービス」を継続してご利用いただいています。


マンション内のお部屋、不用品撤去、ハウスクリーニング


ベッドルーム2部屋に大量に溜まったゴミや衣類を分別し、整理しました。マンション内にゴミ収集場があったので、速やかに粗大ゴミとして捨てられたので、時間的にも廃棄費用のコストも節約ができました。お掃除が終わった後は「ハウスクリーニング」を行い、お部屋もきれいになりました。


*アフターケアについて
整理整頓できた状態を維持する為に、「お片づけサービス」のご利用後、「家事代行サービス」を定期的にご利用されることをお勧めいたします。

 
サービスご利用の前に ハンディマンサービス(家具の組立) サービスのご利用時間について

サービスのご利用時間は、9時から18時までとなっています。


ハンディマンサービス(家具の組立) 万が一の事故のときには

万が一、お客様宅で事故等が発生した場合でも、対人・対物損害賠償保険に加入しており、迅速に対応させていただいています。

 
サービスのお申し込み
 

キャンセルについて

サービスご利用日の前日(前々日の営業日の午後6時以降から)のキャンセルについては、見積金額の60%のキャンセル料をご請求させていただきます。

サービスご利用日の当日(前日の営業日の午後6時以降から)のキャンセルについては、見積金額の80%のキャンセル料をご請求させていただきます。

キャンセルの受付は、オフィス営業時間内(平日午前9時~午後6時)とさせていただきます。

月曜のサービスのキャンセル料は前週の木曜日の午後6時以降から発生します。また、祝日の翌日のサービスのキャンセルは前々営業日の午後6時以降がキャンセル料の対象となりますので、ご注意ください。


キャンセルポリシーは、2014年4月1日に変更となりました。
 

日曜・祝日のサービスについて

日曜日、および祝日の日にサービスをお受けする場合、サービス代の10%分を、サービス代に加算してご請求させていただきます。

 
 
家事代行・ベビーシッターサービス フッター