1. Home
  2. ハウスキーピング(家事代行)TOPページ
  3. ヘレンさんの一日 - フィリピン人家政婦の活躍

「ヘレンさんの一日」 - フィリピン人家政婦の活躍


ハウスキーピング(家事代行)サービス - 我が家に家政婦が来る日

2012年6月4日、テレビ東京『未来世紀ジパング』で、シェヴが紹介したフィリピン人「カリスマ家政婦」のヘレンさんが登場しました。日本人の共稼ぎ家庭でお掃除や片付け、洗濯を手がけるだけでなく、4人家族の料理を作りながら、女の子の英語の宿題を手伝うという彼女の働きぶりに、「家(うち)でもヘレンさんにお願いしたい!」という数多くの問い合わせがありました。

「ヘレンさんはどうして日本にいるの?」、「ヘレンさんの人気の秘密はどこに?」

テレビ番組での解説を基にしながら、その問いに答えてみたいと思います。

 
ハウスキーピング(家事代行)サービス - 日本で働くフィリピン人家政婦の多くは定住者

テレビ番組では"出稼ぎ大国フィリピン"を特集していました。フィリピンではGDPの一割に当たる金額を海外の出稼ぎ労働者が本国へ送金しているとのことです。海外のフィリピン人は、家政婦、看護師、介護士のみならず、客室乗務員や船員としても数多く活躍しているようです。
香港やシンガポールと違い、日本では、家政婦の市場は開放されていません。
では、なぜ、フィリピン人家政婦が日本にいるのでしょうか?

実は、彼女らの多くは日本人と結婚をしている定住者の方たちです。フィリピンで結婚して日本に移住したり、日本に歌手等の仕事で来て日本人と結婚した人たちで、生活の基盤を日本に持つ人たちです。彼女らは、日本の家庭の様子を熟知しており、多くが日本語も流暢に話します。また、日系フィリピン人の人たちも、日本へ家族で移住し、家政婦などの仕事に従事している人たちもいます。

     ハウスキーピング(家事代行)サービス イメージ1
 
 
ハウスキーピング(家事代行)サービス イメージ2

他方、テレビでは報じられていませんでしたが、東京には大使館や外資系企業役員宅のみでの就労が許される特別なビザを持って来日し、個人として雇われている人たちもいます。日本人の個人や会社はフィリピンから直接人を雇用することはできません。そこで、外国人宅で働くフィリピン人家政婦の中にはアルバイトで日本の家庭で仕事をしている方もいます。残念ながら、こうした雇用実態は法律に違反しており、フィリピン人家政婦と雇用主との間でトラブルの噂が絶えないのも実情です。

 
 
ハウスキーピング(家事代行)サービス - フィリピン人か家政婦はなぜ人気か?

テレビ番組では、フィリピン人家政婦が「仕事が上手で、一生懸命、性格が明るいし、仕事も頼みやすい」というのが人気の秘密として挙げられていました。子供がいる家庭では、英語を少し教えてもらえるというのも魅力の一つになっているようです。明るいフィリピン人の家政婦さんに気軽に家のことを相談し頼めること、このことが比較的高齢の方が多い日本人家政婦と比べて魅力のようです。
今回、テレビを観た人たちに、「家政婦のヘレンさんのどこが良かったと思われましたか?」と質問をしてみました。
中には「お家の家族の人たちへの愛情が感じられるところじゃないですか」という答えが返ってきました。
ヘレンさんが気持ちをこめて家事や育児に取り組んでいること、この姿勢にテレビの視聴者の多くも共感したのではないかと推測しています。

     バトラーサービス(人材紹介) イメージ1
 
 
バハウスキーピング(家事代行)サービス - ヘレンさんの一日

では、テレビに登場したフルタイムで働く「ヘレンさんの一日」はどんな様子だったか、振り返ってみましょう。


 
ハウスキーピング(家事代行)サービス - シェヴには数多くの「ヘレンさん」が活躍しています

シェヴでは、パートタイムで働く約100名のフィリピン人ハウスキーパー(家政婦)が常時、活躍しています。

また、「ヘレンさん」のように、個人のお宅で週5日、フルタイムで家事や保育の仕事を希望する人たちも多数、登録をしています。

ハウスキーピングサービスのご利用や、フルタイムの人材紹介サービスをご希望の方は、是非、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

*「ヘレンさんの一日」の構成、文責は株式会社シェヴによるものです。
*本文中の写真は、シェヴで勤務するハウスキーパーさんの写真で、実在のヘレ ンさんのものではありません。
*お子様の英語の宿題をみる、などはフルタイムスタッフの中には行う人もいますが、通常の家事代行(ハウスキーピング)サービスの内容には含まれておりません。

 
 
家事代行・ベビーシッターサービス フッター